万全の滅菌対策

菊池歯科クリニックの医院のテーマのひとつが「滅菌」です。

患者さんが安心安全に歯科治療にかかれるように「一歩進んだ滅菌」を目指します。

ダックユニバーサルそのために、強力な新兵器を導入しました。

歯科用ハンドピース滅菌の流れその名も、
ダックユニバーサル

歯科用の最新型のオートクレーブ滅菌器であるドイツ製シロナ社の「DAC Universal」 [ダック・ユニバーサル]を導入いたしました。

タービンを完全に滅菌できる優れものです。
歯科医院で歯を削る機械をタービンといいます。(キーンという音のするあれです)

この滅菌器のすごい所は「DAC Universal」一台で、タービン、コントラ、ストレートハンドピース(歯を削る機械)を、精製水や電解水を用いて、機械の内部、外部の洗浄し、内部まで完全滅菌し、しかもオイル注油ができること。
これは世界初。

さすがに、滅菌対策では、日本よりも遙かに厳しいヨーロッパ基準の滅菌器です。

さらにはバックフラッシュというこの器械独自の工程があり、機械内部にいたるまでの厳密な滅菌(完全にすべての菌を死滅させる滅菌)を一気に行えるという優れものです。

現在、日本の多くの歯科医院で使用されているオートクレーブでは、コントラやタービンに入り込んだ血液や唾液の除去や滅菌を完全に行うことができません。

ダックユニバーサル当医院では「DAC Universal」を使用することにより、より安心な歯科治療を受診していただけるようになりました。

*Lloyd's Register Quality AssuranceによるISO 9001:2000およびISO 13485:2003の認証にて証明済みです。さらに小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060のクラスSに合格。CEマークを取得。

カートリッジに、滅菌するタービン類を差し込んで、スイッチを押すと、自動でスーと沈んでいきます。
そして、洗浄から、滅菌、注油まで、約17分程度。
その後、自動で、スーと上がってきます。
これなら、患者さんの治療が終わった後、すぐに滅菌作業に入れますね。

一般的なオートクレーブだと、洗浄、滅菌、注油で一時間以上かかってしまいます。
しかも、内部まではきれいにならない。

内部まできれい大きな違いです。

滅菌があがったら、カートリッジごと冷却コンテナにおいておきます。
10分ぐらいは、高温のため、触ることができません。

患者さんの治療ごとに、必要な器具を、ここから持って行くことになります。

驚くほど、タービンの表面もきれいに洗浄、滅菌されています。
ピカピカです。

電解水を作り出す機械これは電解水を作り出す機械です。ここで作られた電解水を用いて、ダックユニバーサルにて滅菌を行います。

精確な調査はありませんが、現在の日本では、患者さんごとにタービンの滅菌を行っている歯科医院は、10数パーセントしかありません。

しかも、タービンの内部まで、完全に滅菌できる機械は限られていて、通常の滅菌器具では性能的に無理でした。

「滅菌は、医療人のまごころ」とも言われています。
滅菌しているかどうかは、目に見えるものではありませんし、手間とコストばかりかかってしまいますが、何より大切なのは、

・「安心、安全な治療をおこなうこと」
・「自分がしてもらいたい治療をすること」

だと思います。

このたび、ダックユニバーサル導入と同時に、新たにタービンを10数本追加購入し、自動車が買えるぐらいの設備投資となりましたが、ようやく、本格的なタービンの滅菌がスタートできて、本当にほっとしています。

これからも、スタッフと一緒に、医院全体で取り組んでいきます。

診療用グローブ

当院では、診療するときには常に歯科用手袋(グローブ)を着用しています

診療用グローブ同時に何人かの患者さんを診療していく場合には、患者さんの間を移動するごとに新しいものを使用するので、1人の患者さんの1回の診療で,何枚もグローブを使用することも多いです。

ここで興味深いデータがあります。

嶋らの報告によると、グローブを常時使用している歯科医院は84.4%だったが、患者さんごとに新しいグローブに交換しているのは、わずか7.4%とのこと。

つまり、ほとんどの歯科医院ではグローブを使い回しをしている

他の人の治療に使ったグローブを、あなたの口の中にも入れている・・という現状があるのです。

もちろんグローブを着用した手を洗ったり、消毒液に浸したりはしているかもしれませんが、それだけでは前の患者さんの治療で付着した菌は、完全には取り除けません。

「グローブの使い回し」と聞いて、多くの方は「生理的になんか嫌だな・・」と感じられるでしょう。
しかし、気分の問題だけではありません。

患者さんの唾液などに含まれる細菌やウィルスが、先生やスタッフの手袋を介してあなたにうつってしまう、「院内感染」の危険性があるのです。

なのにどうしてほとんどの歯医者さんで「グローブの使い回し」が行われているのでしょうか。おそらく、

理由その1:手間がかかる(グローブを外す→手洗い→新しいグローブを着ける→手洗い)

理由その2:コストがかかる(変えれば変えるほど、当然コストはかさみます。しかも、治療費には反映されない部分です。)

まさに、その歯科医院の、院長先生のモラルが表れるところです。

もちろん、グローブをしない、あるいはグローブを交換しないから不衛生、問題があるとは言えませんが、グローブを患者さん毎に交換する方が現時点では衛生的なのではないでしょうか。

徹底した滅菌処理

滅菌には、大変な手間がかかります。
残念ながら、現行歯科医療制度では滅菌コストは十分に算定されていません。
皆さんは「滅菌は当然の事」とお考えでしょうが、医院側のモラルとコスト負担に支えられている事をご理解ください。

ガス滅菌器

ガス滅菌器エチレンガスを充満させ、完全な殺菌消毒ができる機械です。

オートクレーブがかけらないゴム製品などを滅菌します。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)オートクレーブ=高圧の蒸気を一定時間、器具に直接当て、完全な殺菌消毒ができる機械。

外科処置が多いため、2台にしました。

乾熱滅菌器(ビーズ260K)

乾熱滅菌器(ビーズ260K)ビーズ260Kはチェアーサイドで使えるコンパクトな滅菌器。

患者さんの目の前でハンドピースやピンセット、金属小器材、綿球などの滅菌作業が行えます。

超音波洗浄器

超音波洗浄器使用した器具は水洗後、薬液が入った、超音波洗浄器にて細部まで洗浄します。
無料メール相談 歯について日ごろ不安に思うこと、治療内容やご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。茨城・常陸太田市周辺の歯医者さん「菊池歯科クリニック」の院長がメールでお答えします。
  • 無料メール相談
  • オンライン予約
  • 小冊子無料プレゼント